生協の宅配パルシステムの食材宅配サービス

生協の宅配パルシステムとは?

生協の宅配パルシステムは、生協だからできる食材へのこだわりの追求を基盤に、安心して食べることができる商品を提供しています。
生協(生活共同組合連合会)の歴史は古く、日本で初めて設立されたのは今から100年以上前の明治時代にまで遡ります。
組合員が経済的、文化的に生活を改善し、向上していくことを目的とし、消費者のために生まれた組織が生協なのです。
生協法に基づき、組合員の出資金で運営される非営利団体である生協は、提供する商品によって組合員の生活の質を向上させる役目を担っています。
農薬を減らし、有機栽培で農産物を生産し、人と環境の両方に優しい食材を作ることを目標に掲げ、アレルゲンを含まない身体に優しい食品、遺伝子組換え表示など、生協の宅配パルシステムでは、組合員に安心を与える取組みに力を注いでいます。
そんな生協パルシステムの取組みを、資料請求で確かめてみて下さい。

生協の宅配パルシステムの3つの特徴!

自社工場での食材製造による商品管理の徹底
生協パルシステムから提供されるウインナーやハムなどの食肉加工製品は、生協の工場で製造されたものです。
自前工場だからできる徹底した生産履歴の管理により、生協パルシステムでは質の高い製品の提供を目指しています。

人の健康と地球の健康を守る食品の提供
生協パルシステムが扱うお菓子類や加工食品には、アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲン物質が含まれていないことが特長です。
小さなお子さんにお母さんが安心して与えることができる食品を提供し、組合員の健康な生活を守ります。

独自の検査機関による徹底した品質チェック
生協パルシステムでは、自社製品の品質管理を徹底するために直営の検査機関を設けています。
生産段階から流通に至るまで、組合員の手元に安全な状態で届くまでをしっかりと見届けるための努力を惜しみません。

生協の宅配パルシステムのおすすめ理由!

生協パルシステムは、生協という非営利団体であることを踏まえ、組合員の「健康な生活」という利益を守るための取組みを続けています。
食品は人の身体を育て、健康を守るためのものであり、害を及ぼすものであってはならないのは当然のことです。
しかしながら、少なからず悪い作用を与えてしまう食品が流通していることもまた事実なのです。
生協パルシステムでは、そのような食環境を真摯に受け止め、農薬や食品添加物が人の身体に与えるさまざまな影響に関する研究を続け、明らかにすることで有害な食品を社会から遠ざけることを目指しています。
食育の重要性が日々高まっていく中で、真に安心できる食品を提供することが、組合員に支えられている生協の役目でもあるのです。

食材宅配サービス@メニュー

@生協の宅配パルシステム|女性支持率の高い食材宅配サービスリンク